スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BlueTooth機器

BOSE製のオーディオ機器(WAVE Music SystemⅢ)をサンワサプライ製ブルートゥース機器(MM-BTUD43)でパソコンと接続して、パソコンで再生している音楽をBOSEのオーディオで聞きたいとのご依頼がありました。

パソコンにBlueToothの受発信器をUSB接続にて取り付け、ドライバも無事入って認識しましたので、後はBOSEのオーディオ機器を認識させるだけ。

ところが、接続されましたと出た後に「csrbtport_enumerated_device_00」のドライバーのインストールに失敗したとの表記が2つ出て、BOSEの機器から音を出力することができません。

メーカーへ電話するもなかなか繋がらないため、メールにて質問をして1日目は退出となりました。



後日メーカーからの返事が届いたとのことでお伺いさせていただき、メールの指示に従いレジストリの編集を行ったところ、「csrbtport_enumerated_device_00」のドライバーのインストールに失敗したとの表記が2つ出ていたところ、1つがインストール成功しました。(もう一つは相変わらず失敗)

一つ失敗があるのが気になりましたが無事に接続できましたが、BOSEの機器から音が鳴らない!

結局、パソコン側の「再生デバイス」の設定でBOSEの機器を「既定のデバイス」とすることで、BOSE機器の電源が入っているときにはBOSEのオーディオから、BOSE機器の電源がOFFのときにはパソコンから音が出るように設定できました。

ミヤオ屋

PDFファイル?が開けない

「特定のページがインターネットで閲覧できない!」とのご依頼を受けました。

お客様宅へお伺いし、まずはYahooが見れるかを確認。

見れます。

お客様が見れないというページ(勝馬online)を見てみると…見れます。

どうやら、新聞をダウンロードして見られていたようですが、そのファイルが開けないという模様。

普段はブラウザでPDFファイルを開かれているので、「ページが見れない!」と思われた様子。

試しにデスクトップへ保存して開いてみようと試みました。

拡張子が.krmという見慣れない拡張子ですが、Adobe Readerで開くようです。

しかし、やはり開くことができません。

色々と調べた結果、KeyrigPDFという、PDFファイルを暗号化しライセンスの認証がないと閲覧することができないファイル、のようです。



対処:

お客様のAdobe Readerはバージョンが11のため、「編集」→「環境設定」→「セキュリティ(拡張)」→「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを外して「OK」、で閲覧可能となりました。

Adobe Readerのバージョンによっては、分類から「一般」を選択し、「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを外して「OK」、となるようですので、バージョンに注意。



お客様は「今まで見れていたのに急に見れなくなった!」とのことですが、原因はおそらくAdobe Readerをバージョンアップされたため、設定が初期設定となったのではないかと推測されます。

作業時間:30分

   ミヤオ屋

遠隔操作アプリ

遠隔操作のアプリがうまく繋がらないとの診断ご依頼がありました。

お電話をいただいたお客様は県外にご在住(B)で、ご実家のパソコン(A)を遠隔操作されたいとのこと。

おっしゃられるには、Wi-Fiがおかしいのかアプリの設定などアプリ側の原因なのかを判断してほしいとのこと。

お客様がお使いになられているアプリはTeam Viewerというソフトで、離れたところにあるパソコンを他のパソコンやアプリなどで操作できるというソフトです。

私も聞いたことはあるのですが使ったことはないアプリでしたので、家のパソコンとiPhoneやiPodでテストを行い、予習して訪問しました(^-^;

ご実家に訪問してパソコン(A)をお見せいただいたところ、パソコンはインターネットにつながっており、私のiPodでお客様のパソコン(A)を遠隔操作することができました。

県外在住のお客様(B)へお電話をして、テストで遠隔操作を依頼。

…操作できず。


お客様(B)とお話した結果、CrossLoopという別のアプリでの遠隔操作を試してみようということになりました。

ただこの段階で、私が気になったことが二つありました。

1.訪問直後にパソコン(A)をお見せいただいた際、パソコンの電源が入っていたこと。

2.そして、書庫ファイル(圧縮ファイル)の解凍やCrossLoopのインストールにすごく時間がかかったこと。


そこで、一度パソコン(A)を再起動してみました。

すると、お客様のパソコン(B)でTeam Viewerでの遠隔操作が可能となりました。

遠隔操作が可能となったら、お客様がSkypeを起動されてお客様同士でテレビ電話のように通話されていらっしゃるのを見て、「いい使い方があるなぁ」と私も勉強になりました。

今後の仕事で、お客様のサポートにも活かせないか検討中です。

最後にCrossLoopをアンインストールして、作業終了。


結論を言いますと、個人用のパソコンは会社などのサーバーと違い何日も電源を入れっぱなしにして使用するようにできておりません。

他のお客様宅でも、パソコンをシャットダウンしてしまうと起動に時間がかかるため使わないときにはスリープ状態にしておく、という使い方をされているのをたまにお見かけするのですが、私はお勧めいたしません。

スリープ状態でもパソコンは、「声かけたらいつでも動けるようにしとけ!」と命令されて待機をしている状態ですし、ずっと通電しているわけですからパソコンの痛みも早いかと思います。

お客様に「人間で言うと不眠不休で作業をさせられているようなものなので、たまにはシャットダウンしてあげて下さい」と、言った後で、「スリープ状態」なのに「不眠不休?」と、たとえが悪かったと反省しました(^-^;

   ミヤオ屋

無線インターネット接続設定

有線(LANケーブル)でのインターネット接続はできているが、無線(Wi-Fi)でインターネットをしたい、または無線でインターネットをしているPCがあるがPCやタブレットを追加で設定して欲しいというご依頼を受けることも多々あります。


今回は前者の場合で、インターネットが有線でできるPCがあるけれどタブレットでもインターネットをしたいので無線ルーターを設置・設定して欲しいとのご依頼でした。

すぐに完了すると思いきや…何度無線の暗号化キー(パスワード)を入力しても「パスワードが違います」( ノД`)

結果、ルーターを初期化(工場出荷時状態へ戻す)してみたところ、すんなりと繋がりました。

しかし、2.4GHzの無線には繋がるものの、5GHzの無線には繋がらない…

おそらくiPad第三世代以前は2.4GHの無線のみに対応のようなので、お客さんのタブレットが第三世代以前のiPadだったのだと思います。

ちなみに、iPad第四世代と第五世代は2.4GHz/5GHzの両対応のようです。


   ミヤオ屋

複合的な作業のご依頼

・USBで印刷をしているプリンタを無線LANで印刷できるように

・ハガキ印刷ソフトの使い方説明(往復ハガキの印刷方法、住所の個人宅と会社住所の切り替え方法、年賀状のイラスト選択など)

・タブレットでプロバイダメールが送受信できるように設定

・普段モバイルルーターでインターネットをされているタブレットを、ご自宅のWi-Fiルーターへ接続設定

・デジカメ画像への文字入れの方法説明

作業時間約1時間30分、料金6000円

   ミヤオ屋
プロフィール

ミヤオ屋

Author:ミヤオ屋
パソコン設定のミヤオ屋です。
日々の設定業務(例)や日常などをつづってまいります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。